FC2ブログ

感じやすい妻が同僚に寝取られ・・・2 - 無修正有料アダルト動画情報館 安全なサイトはここだ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感じやすい妻が同僚に寝取られ・・・2

名称未設定 1

確かに妻の肉体は敏感なほうだ。



私の愛撫でも十分に反応し、いつも愛液を溢れさせていた。



さらに妻はこの3週間のあいだセックスをしていない。



どちらかと言えば性欲の強い妻にとってこの禁欲期間は辛い。



そしてこの同僚は社内でも名うてのプレイボーイとして有名な男だ。



仕事も出来るし信頼も厚いのだが女関係で問題を起こし、バツイチになってからは出世をあきらめ、



社内外の女を片っ端から食いまくっているテクニシャンだ。



そんな男の手にかかれば、ただでさえ性欲をもてあまし気味の妻だ。



一たまりもあるまい・・



同僚が顔を上げ、硬くしこった乳首に吸い付いた。



びくっと妻は身体をのけぞらせる。



いつも間にか同僚の手は妻の股間に忍び込み、秘部にさし込まれているようだった。



くちゃくちゃとかき回す音が響く。



妻の肉体はびくびくと痙攣し、指の動きにあわせるように腰が上下する



「ああっ、いやっだめっ・・イっちゃうっ」

mdyd00780pl のコピー

「いいんだよ奥さん、何度でもイカせてやるから・・いつか奥さんとやってみたかったんだよ」



「ああっ、そこだめっ・・変なのぉ、変な感じなのぉっ、主人のときとは違う・・漏れちゃう、漏れちゃうよおっ・・」



「そうか奥さん、潮吹いたことないんだ・・じゃあ思いっきり潮吹きさせてあげる・・そらっ」



同僚の手が一際激しく動くと、妻は全身をのけぞらせて「ひいいぃっ」という悲鳴にも似た声を上げた。



次の瞬間妻の股間から透明な液体が飛び散り同僚の腕を濡らし、一部はソファの前のテーブルまで汚したようだった。



それは衝撃的な光景だった。



私とのセックスで妻は潮を吹いたことなどなかった。



自分の妻が他の男の指技によって見たことのない程の絶頂を極めさせられる姿。



それは私にとって大変な屈辱と同時に興奮でもあった。



私のペニスはこの時パジャマの中で驚くほど固くいきり立っていたのだ。



妻の身体がゆっくりとソファに崩れ落ちた。



荒い息をしているようで呼吸の度に胸が上下している。



かちゃかちゃと同僚がベルトを外す音がした。



ゆっくりと身体を持ち上げて、妻の股間に狙いをつけているようだった。



妻は視線を下に向けている。



今まさに自分の貞操を奪おうとしている夫以外のペニスに視線がくぎ付けのようだ。



同僚のペニスは私と比べてかなり大きいはずだ。



勃起していない状態にもかかわらず私の勃起したときのサイズとさほど変わらない。



そのペニスは今十分に充血して妻の秘部に差し込まれようとしているのだ。



同僚は妻の脚を抱え込む格好で覆い被さっていく。



2,3度腰を動かすと妻は「ひっ」と声を上げた。



クリトリスを擦ったのだろうか。



低い声で「入れるぞ」と同僚が言った。



私、実は夫の上司に犯され続けてます… 戸田さゆり

つづく
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://sukioppaisuki.blog.fc2.com/tb.php/285-ca2db590

居酒屋で出会いはある?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。