FC2ブログ

感じやすい妻が同僚に寝取られ・・・4 - 無修正有料アダルト動画情報館 安全なサイトはここだ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感じやすい妻が同僚に寝取られ・・・4

4.jpg

脳天をハンマーで殴られたような衝撃、そして恍惚。



自分の妻が他の男に膣内射精を乞う。



今まで経験したことのない程の屈辱と興奮が私を襲う。



同僚が妻の中に射精する姿を見て、私もパンツの中に大量の精液を発射した。



ゆっくりと同僚がペニスを抜き取り、妻の前に回ると妻はいとおしそうにそれを咥えた。



私は二人に気づかれないように2階に戻った。



妻が寝室に入ってきたのはそれから2時間後、風呂上りの石鹸の匂いをさせていた。



妻と同僚の絡み合う姿が脳裏から離れないまま、私は一人寝室の天井を見つめて妻を待っていた。



同僚の手によって何度も何度も絶頂を極めさせられ、最後には中だしを乞うた妻。



夫である私にとってこれ以上の屈辱はない。



怒りにも似た嫉妬の炎が私を眠りにつくのを許さなかった。



その光景を覗きながら興奮しパンツの中に射精してしまったにもかかわらず、再び私のペニスは膨張していた。






妻を抱きたい。



心からそう思った。



同僚が蹂躙した妻の白く豊かな乳房を思いきり揉みしだき、ついさっきまで同僚のペニスが差し込まれていた秘部に思いきり突き立て、



同僚の精液の残滓を私の精液で塗りつぶし、夫である私こそが本来の所有者であるという証を妻の身体に刻みたかった。



しかし、妻はなかなか帰ってこなかった。



悶々としながら時が流れていく。



ようやく妻が寝室に入ってきたのは、それから2時間が経ってからだった。



反射的に私は寝たふりをしてしまった。



同僚との情事を覗き見ていたことを知られてはいけない。



妻は私を起こさないようにそっと寝室のつきあたりにある整理箪笥まで行き、引出しを開けた。



そっと薄目を開けて妻の姿を見る。



妻はバスタオル一枚を身体に巻きつけている。



洗いたての髪から雫が垂れている。



同僚との情事の痕跡を消すために全身を洗ったに違いない。



引出しから取り出したパンティを穿き、バスタオルをはらりと取った。



淡い光の下で妻の乳房が揺れる。



白いスリップを身につけると妻は私のほうに向き直った。



慌てて目を閉じる。

iptd00813pl のコピー


妻は私が寝ているベッドに畳んでおいてあったパジャマを取ったようだった。



しばらくして妻がベッドに入ってきた。



石鹸の香りと妻の体臭が混じりあった匂いが私の欲望を刺激する。



妻の身体に手を伸ばした。



「ん・・どうしたの」



けだるそうな声で妻が答えた。



「3週間ぶりだもん、いいだろ?」



「・・お酒飲んじゃってるから、眠いの・・それに、ちょっと疲れてるかな・・」



酒のせいで眠いというのは理解できる。



しかし同僚との激しいセックスで疲れたから夫である私との営みを拒否するとは。



再び妻への激しい嫉妬心が燃え上がり、強引に妻のパジャマを脱がせて乳房を揉む。



耳たぶを舐めまわし首筋に舌を這わせると妻の身体に鳥肌が立つのが判った。



感じ始めている証拠だ。



スリップをずり下げて両方の乳房を下から搾り出すように露出させる。



乳首は既に立っていた。



両手で揉み上げて乳首に吸い付く。



妻の口から小さな喘ぎ声が漏れ始めている。



私は自分がいつもより乱暴になっているのが判った。



妻をメチャクチャにしたかった。



さっきまで同僚の責めに対し狂ったようによがり声を上げていた妻を壊してしまいたかった。



私のペニスはこれ以上ないほど固くそそり立ち、興奮のあまり先端からはもう透明な液体が滲み出していた。



妻をうつ伏せに転がし、腰を高く上げさせる。



パンティをパジャマのズボンごと引きずりおろした。



白く大きな尻が目の前に現れる。



さっきまで同僚が掴み、後ろから突きたてていた尻だ。



亀裂からはすでに愛液が溢れ出し内股まで濡らしている。



妻の肉体は感じやすいほうだが、こんなに濡れているのは見たことがない。



同僚との情事の残り火に火が点いたからだろうか。



そう思うとなおさら私の嫉妬心が燃え上がる。



妻の亀裂をよく観察してみると、大陰唇は赤く腫れ上がったように充血していた。



同僚のペニスに擦られたせいだろう。



私は指を妻の亀裂に差し込みかきまわした。



枕に顔を埋めたまま妻が「あうっ」と声を上げる。


夫の目の前で犯されて 希崎ジェシカ

つづく
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://sukioppaisuki.blog.fc2.com/tb.php/287-f0bf5a01

居酒屋で出会いはある?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。