FC2ブログ

感じやすい妻が同僚に寝取られ・・・5 - 無修正有料アダルト動画情報館 安全なサイトはここだ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感じやすい妻が同僚に寝取られ・・・5

3.jpg
亀裂からは止めど無く透明な愛液が流れ出し、グチュグチュと音を立てている。



内壁が蠕動し指に絡み付く。



妻の絶頂が近い。



くぐもった喘ぎを漏らしながら妻はゆらゆらと腰を動かして、自ら登りつめようとしている。



その時私の視界にあるものが飛び込んできた。



妻のアヌスが微かではあるがひくひくと蠢いている。



脳裏にあの衝撃的な情景が蘇ってきた。







同僚がバックから責め立てながら妻のアヌスに指を差し込んでいた、あの光景。



妻のアヌスへの刺激を試みた事は今までに何回かあったが、すべて強く拒絶されていた。



しかし、同僚は妻のアヌスへの指挿入をあっさりと果たし、妻はその行為に強く性感を刺激されていた。



「いやっいやっいやぁぁっ、狂っちゃうーっ、お、お尻なんてっ、いやーっ、いくーっ」



もはや絶叫に近い声を上げて、自分から腰を振りたてていた妻の姿。



夫である私に触れることを許さなかった聖域を赤の他人である同僚に弄ぶことを許し、その指のもたらす快感に狂った妻。



目の前で物欲しげに蠢くアヌスは、妻の裏切りの象徴に映った。



亀裂から指を引きぬき、愛液をたっぷりとアヌスに塗りつけて人差し指をめり込ませて行く。



妻がびくっと身体をしならせ、「ひぃっ」と声を上げた。



構わず指を押し込んでいく。



めりめりと筋肉が広がっていく感覚が指先から伝わってきた。



第2関節まで差し込んだところで一旦止め、前後に出し入れを始める。



ぎゅうぎゅうと締め付ける感覚が徐々に弱まってくる。

soe00929pl.jpg

「いやっいやっいやっ・・ああっ、お尻なんてやめてっ、あううっ」



妻は顔を左右に振り、髪を振り乱しながら私の行為に抗議していた。



しかしその言葉とは裏腹に妻の亀裂からは愛液が溢れだし、糸を引きながらシーツに垂れ、染みを作っている。



私は指を引きぬき体勢を整え、ペニスを妻の秘部に突き入れた。



ぬるぬるとした感覚がペニスを包む。



妻の腰をがっちりと掴み、しゃにむに突き立てた。



妻の尻と私の腰がぶつかり合いパンパンと音を立てる。



絡みついた襞がペニスを断続的にきゅっきゅっと締め付け、射精を促し始めた。



バックからの責めがあまり好きではなかったはずの妻が、口を半開きにして悶える。



「ああっ、いやっ・・凄い、はあぁ・・ひぃっ」



両目をつむり眉間にしわを寄せながら快感を貪っている妻。



だらしなく開いたままの口からよだれが一筋垂れている。



その表情のあまりの淫靡さに私自身興奮の限界が来ていた。



我慢しきれずそのまま妻の膣内に精液を暴発させた。



私のペニスは何度も妻の体内で脈動を繰り返し、大量の精液を吐き出し続けた。



最後の一滴まで残らず出し尽くすまで私は妻から離れようとはしなかった。



それこそが妻に対する夫である私の所有者としての刻印だからだ。



しかし妻にとっては不満の残るセックスだった事も否めなかった。



絶頂直前まで押し上げられ、あと一歩の所で放り出されたのだから。



「3週間ぶりだもんね、仕方ないわよね」



慰めにも、諦めにもとれる言葉をぽつりと漏らし、妻は背中を向けて眠りについた。


夫の目の前で犯された若妻 恥辱の催眠レイプ 麻美ゆま


はじめから読む
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://sukioppaisuki.blog.fc2.com/tb.php/288-279aafeb

居酒屋で出会いはある?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。